次松大助のオフィシャルブログ


by taisuketsugimatsu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

(今回写真を交えたかったのだけど、あまりの写真の下手さに、ほとんど文字だけになりますよ)


今回で三度目の韓国ライブ。
11月10日にTUBE国際空港から金浦空港へ。自然と胸元のボタンがはだける。

トランシーバーの案内員(レディース)に並走されること夥しく、
飛行機の遅刻にびびり倒している僕は、今回初めて2時間半前に空港へ到着。
なますを blow up。

ちょうど翌日から行われるG20の影響もなくすんなり入国。



金浦空港で、“今しゃぶしゃぶを食べている”という理由で遅れている迎えを待つ。








『アンニョハセヨ、しゃぶしゃぶは豚派ですか?』








ゴードンと半年ぶりの再会。手作りのトートバッグが、足腰にくる可愛さ。

とりあえず滞在中宿泊するゲストハウス「Be-Bop」に荷物をおいて、
やきにくを食べて、ホンデの空中キャンプへ。




空中キャンプ、ゴさんやインジョと再会。うれしいうれしい。




飲む。



よく飲む。





11月11日、この日は『ペッペッロの日』?

11/11にちなんで棒状のお菓子(ポッキーなど)を送り合う日らしく、
街の屋台には棒状のものがたくさん。
コンビニでは頭頂部が棒状に伸びたペッペッロのキャラがお出迎え。
e0204127_180911.jpg

e0204127_181174.jpg

自然と頭頂部が固くなる。















失礼。

それからART SQUARE(?)だったっけ、韓国で買い物をするのに一番好きなお店へ。
学生が作ったものとかも売っていたりする(不確か)雑貨屋へ。

来るべく結婚式演奏の際、スーツに付ける飾り用に、女性がカーディガンを着て
縄跳びをしているバッヂと、来年度用に手帳を買う。
e0204127_1852312.jpg

三重飛びのヒュヒュヒュン、という音が聞こえてきそう。


そのビルの5階にあるカフェでコーヒーを飲み、韓国の花札のルールを習っているうちに、
ビールへ ヘッドスライディング。
僕が知っていたルールとかなり異なり、いわゆる「カス」が戦況を大きく左右する。


無論、大敗。ウォンが底。散財の心地よさ。


その後、日本人がやっているレゲエバーで北朝鮮から輸入したビール
「デドンガンビール」を飲む。あれ?うまい。
うまいうまい、もう一本飲む。ましっそよ。




そのあとまた空中キャンプに行って飲む。





11月12日



飲む。






初韓国の際に知り合った、ただならぬ魅力を持つ韓国在住のライター清水さんが、
ホンデにcoffee shop 「雨乃日珈琲店」http://amenohicoffee.blog134.fc2.com/
をオープンするとのことで、
もし僕などでよければお祝いに(なれば)演奏をさせて欲しいと思っていたところ、
幸いにも清水さん、オープンに向け奔走していたあさこさんともに、同じように思って下さって、
この日、急遽ミニライブを。
e0204127_19121315.jpg

マイクをほぼ使わなくていい広さ、響きで、4~5曲を演奏させてもらった。
ライブ後にいれて頂いた、なんと石川県産?の、ほんとに船小屋のようなところで
栽培しているというコーヒーの、おいしいの南野。

布のフィルターをしぼって、
とても丁寧に、なおかつ(僕はコーヒーに詳しくないけど)、たぶん最善のルートでいれてくれている。


壁に、本業は書道家であるあさこさんの書が飾られる。

e0204127_18265349.jpg

雨風が順調で世界が穏やか。たしかそんな風に教えてくださった。


清水さんのことは、
初めて会ったときから変わりなく
すべての青年文学の主人公になり得る人、というふうに思っていた。
狂気と熱情を穏やかさとユーモアの中に隠し持っていて、
飄々としながら、人と違うもの
というかもっと本質的なものを目の端に捉えてメモしている、

たぶんそんな人

と思っているまま久しぶりに会ったら、
やっぱりそんなかんじで、とても魅力的。



いい日。



食べる飲む食べる飲む










今日はもう、へらへらしときたいので続きはまた後日書きます。






『お兄ちゃんの飼っているトカゲは百閒って言うんだぜ、
 そう、百ちゃんって呼んでんの』
[PR]
by taisuketsugimatsu | 2010-11-16 19:24
どうしまSHOW。

いかがいたしまSHOW。


冬がくる。






おでんくん。






コンビニの女の子(たぶん十代)が、マニュアルなのか
おつりを渡すときに、手を添えて渡してくれるんですけど、
添えた手が必ず触れるんです。

余は、そういうのはいちいち嬉しいんですけども、
ただ世の中には変な人(なおかつ危ない人)もいるじゃないか。

それを過ぎた親切と捉える、余の前頭葉とかあばずれですけど、
先日の耳かき裁判のこともありますし、
変な客に惚れられて面倒なことになったらどうするんだ。


などと思って、その子に注意してあげたいんですけども、
なにぶん、余はその子から見ておっさんですし、
風貌や会話にもおそらく多少の難がありますし、
まして、そんなことを言った日には「おまえ何様」なんて気持ち悪がられることも
あるでしょう?



そう、
うん、だからやっぱり言わない。言いません。



だって何かあっても、やまピーとおなじ髪型した彼氏(推測)がきっと守ってくれるもの。

だって竹内力みたいな店長(知らないけど)が追い払ってくれるもの。

だって、余のほうがきっとずっと怪しいもの。
























先日兵庫のスタジオ TOMOKI でマンハッタンのレコーディングをしてきました。
スタジオと言いつつ、ふつうの古いマンションです。

5階まで階段で、目に映る全てのものを運びました。重いのなんの。

そんなマンHのライブは11/17名古屋KDハポン、11/18渋谷o-west、
次松ソロは11/9大阪JANUS、11/13 韓国(ソウル)空中キャンプ、11/19渋谷7th floor、11/20渋谷 cafe apres-midi (11周年記念!)です。



e0204127_026343.jpg




『こちら次松ムー、こちら次松ムー、桜桃願います、桜桃願います、
市原隼人がこわすぎます、どうぞ』
[PR]
by taisuketsugimatsu | 2010-11-09 01:20

『だますなら

だましつづけて

メーテルちゃん』
季語無し





ぼくは普通に好きなんですが、相武茶季さんの、
女性からの印象があまり良くないような気がして。
きっと女性のことで僕がまだまだ見抜けてない部分があるのだろうと思って。
でもそれならそれでいいかと思って。哲郎(銀河鉄道999)の気持ちで上記の句を詠みました。

下の句をつけて短歌にしてもいいです、何が来ても意味深に思えます





『蛙飛び込む 水の音』






とか。





『鐘が鳴るなり 法隆寺』


とかを。






おふぅ。
いただきものの Sally Seltman に心乱され/癒されしています。
疲れてるのか。



今日、渋谷でパンツが見えそうでしたお。
疲れているのか。



アー写にこれはどうだろう。
e0204127_23332511.jpg









疲れてるのかもしれない。
[PR]
by taisuketsugimatsu | 2010-11-03 23:42